学校概要

IIECについて

ごあいさつ

 わが国の産業界をめぐる環境は、今まさに激動の時代を迎え「学歴社会」から「実力主義」の世界へと大きな変革が行われつつあります。このような新しい時代に対応していくためには、高い知性・広い視野・高度の技術を身に付け、的確な判断力と行動力を持った人材が求められています。
 本校はこのような時代と社会のニーズに応えるため、コンピューターを中心とした近代技術習得の場として創立されたものであります。現在専門的な情報知識・技術は、あらゆるビジネスの場で重要かつ不可欠なものとなっています。本校は国際的な視野と能力を持つ人材の養成を目指しております。

教育理念

学歴主義から実力主義へ

 高い知性・広い視野・高度な技術を身に付け、的確な判断力と行動力をもった人材が求められています。国際情報経済専門学校ではその名の通り世界各国の学生に門戸を広げ、学生一人ひとりの個性を生かし、時代と社会のニーズに応える人材の養成を目指しています。

教育目標

世界に通用する実力を養成

  1. 明朗・誠実・友愛の精神をもって社会に奉仕する心を育て、人間愛に満ちた職業人を養成する
  2. 基礎から応用まで実習を重視した徹底指導
  3. スペシャリストになるためのカリキュラムが充実
  4. 実力を証明し、就職に有利な資格を取得

沿革

1986年 : 専門課程 ビジネス情報処理科 OA経理科 設置認可・開校

1987年 : 高等課程 情報処理科 設置認可

1989年 : 高等課程 大学入学資格の指定

1995年 : 専門課程 「修了者に対する専門士の称号付与」認可

2002年 : 高等課程を霞ヶ関高等学校に改変

2003年 : 専門課程 日本語本科 設置認可

情報公開

 自己評価報告書を公開しています。